2006年07月31日

7/30 第2回琉大祭実行委員会での動き

 7/18の第1回琉大祭実行委員会で「考える会」代表宮原に対する非難決議案が出されたことを受け、今日の第2回琉大祭実行委員会に参加する委員のみなさんにあてて次のような文章を友人に配布してもらいました。

**********************************
琉大祭実行委員の皆さんに呼びかけます。

 学生会執行部は琉大祭実行委員の決議文に私、宮原一郎を非難する文章盛り込もうとしています。
 執行部は「宮原が自治会役員を犯罪者として警察に売り渡した」などとしていますが、よく考えてみてください。
 もし仮に私がでっち上げをして自治会役員を警察に売り渡そうとしたならば、盗聴器がありもしない自室を捜索させることに何の意味があるのでしょうか。
 また仮に、警察がこの件を利用しようとして自治会への弾圧を試みるのであれば、なぜ盗聴器はなかったという結論を出したのでしょうか。

何度も言うように、警察を学校に入れることは自治を破壊することに直接つながらないし、私のプライベートを公にしなかったからといって非難を受ける筋合いはありません。

 前回出された似顔絵付きのビラは明らかな名誉毀損です。
仮に私への非難を含む決議文が採択された場合、その意見は実行委員であるあなた自身の声として全学生にアナウンスされます。

 そのことを頭に入れた上で、今回の実行委員総会の決議に参加してください。

あなたの良識を信じています。

2006.07.31.
宮原一郎
e041698@eve.u-ryukyu.ac.jp


**********************************

 これを配布してくれた友人はサークルの代表者の代理人であったことを理由に排除され、私からのプリントはユグチ氏によって委員の許可の下、回収されたそうです。私からのプリントを配布するといったような混乱をもたらす行為はその友人が所属しているサークルにも責任が及ぶ、と学生会長に言われたそうです。

 たまたまサークル活動の関係でサークル棟にいた宮原に対しても学生会長は「実行委員会に敵対する行為だ。」となどとおっしゃっていましたが、サークル活動で忙しかったため、彼とは対話することはできませんでした。
 しかし、今回私がとった行動は委員に対して執行部側の一方的な意見だけでなく、私の主張も聞いたうえで非難決議をどうするかを考えてもらいたいという意図でしたことで、混乱を招くためであるとか、敵対するといったような意図をもってしたことではないということをこの場を借りて述べさせていただきます。
posted by 自治会を考える会 at 22:52| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の琉大祭実行委員会に参加した者です。
宮原さんのチラシを回収した時、学生会長は「許可を取っていないビラの配布はしないで下さい。」という内容のことを言っていました。
共通棟の教室に許可なくチラシを置き、掲示板に許可なくチラシを貼っている(しかも学生にそれを勧めている)人達の言うこととは思えませんでした。
Posted by 100円 at 2006年08月01日 04:40
>100円様
コメントありがとうございます。
私もあの場で彼らの取った行動は「言論弾圧」であると思います。
その点、彼らがどのように認識しているのか一度話し合う場を設けて対話してみたいと思っています。
Posted by 宮原一郎 at 2006年08月01日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今まで逆の価値観だったのですが
Excerpt: 「中に出して、、」なんて女性から初めて言われたもんで戸惑ってたけど、後先考えずにドクドク出してやりました!中に出すのってあんなに心地いいんですね(照笑)でも、このまま相手のペースに流されて、惚れても惚..
Weblog: 男性派遣業
Tracked: 2010-08-15 05:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。